髪の紫外線対策について

髪にも紫外線対策を

夏が近づくと日焼け止めなどで、紫外線対策を始めると思いますが、髪の日焼けを気にしたことはありますか?
髪も肌と同じように日焼けするって知ってました??

 

日本人の髪の毛はと黒いので、特に熱を集めやすいといわれています。
髪トラブル女性
髪の日焼け対策をしていないと、髪の表面のキューティクルがボロボロになり、髪が乾燥する、手触りが悪くなる、髪の色が茶色くなる、などの髪トラブルを起こすことがあります。

 

また、紫外線によるダメージはカラーやパーマにも影響します。
日焼けによりキューティクルが傷ついてしまうと、せっかく髪を染めても色落ちが早くなってしまったり、パーマのダメージが強く出てしまうことがあります。

 

また、髪の紫外線によるダメージは、紫外線の当たるところ、髪の表面や頭頂部に強く出る、というのも厄介なところです。

 

髪の表面だけ切り落とすわけにもいかないので、肌同様髪も紫外対策が必要です。

 

紫外線は4月ころから強くなり始め、5〜8月がピークですが、秋も油断できません。
真冬以外は、髪の紫外線にも気を付けないといけないということになります。

 

では具体的に何をすれば良いのでしょうか?

 

 

1、紫外線にあたらない

 

当たり前ですね(笑)
これができれば苦労しないのですが、なかなか1日中外出せず家の中にいるわけにもいかないので、外出する時は、日傘や帽子を使い、長時間日光にあたらないようにしましょう。

 

また、ロングヘアの方は、髪をまとめるなどして、できるだけ紫外線にあたる面積を少なくしましょう。

 

2.髪の日焼け止めをつかう

 

最近CMでもやっているので、ご存じの方も多いかもしれませんが、髪にも使える日焼け止めがあります。
スプレータイプで、出かける前にシュッと吹きかければ良いものや、洗い流さないトリートメントのようなテクスチャーのものまであります。

 

今年の夏は肌同様、髪の紫外線対策もしてみませんか?
美髪への近道になるかもしれません。

 

ばんざいする女性

page top